さかはらあつし プロフィール

映画監督、作家、経営コンサルタント、大学教員 

京都精華大学非常勤講師(2020〜)

大阪市立大学大学院経済学研究科非常勤講師(2021〜) 

1966年生まれ、京都大学経済学部卒、電通を経て、カリフォルニア大学バークレー校にてMBA取得後、シリコンバレーのベンチャー企業に。その時、MBA時代にプロデューサーとして参加した映画がカンヌ映画祭短編部門でパルム・ドール賞受賞、帰国。経営技術の創造と普及活動に取り組んでいる。著作に。弁証法をすっきり理解し、実生活で使いこなすための『直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門』(ヤマハミュージックメディア)、経営理論の本質を楽しく学べるエンタメビジネス小説『小さくても勝て ます』(ダイヤモンド社)、『徹底的自分中心 プロアクティブ学習革命』(イーストプレス)。社会経済の根本を問う「増補社会原理序説」(dZERO)自伝「サリンとおはぎ」(講談社)ほか。2012年に制作した「お前なんかにお父さんと呼ばれたくないな」のプロデューサー、ポールミルグロムは2020年にノーベル経済学賞受賞。初長編監督作品のドキュメンタリー映画「AGANAI」は2020年にコロナのためにコンペのなかったシェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭でワールドプレミア。欧米の有数の映画祭に招待され、ドキュメンタリー映画際では権威あるIDFAにはその年の映画祭で評価の高かったBest of festsのプログラムに招待され、IDA賞にはアジア唯一の作品として30選のショートリストに選出される。明治大学サービス創新研究所客員研究員。バンコク国際ドキュメンタリー映画祭国際審査員。