さかはら あつし 代表取締役

 

カンヌ国際映画祭、パルムドール賞受賞フィルムメーカー。京都大学経済学部卒業後、電通入社。1995年、地下鉄サリン事件の被害者となり退社、映画会社GAGA Communicationsを経て渡米。カルフォルニア大学バークレー校にてMBA取得後、シリコンバレーでEduTechのベンチャーに参加中、学生時代にアソシエートプロデューサーとしてハリウッドで参加した短編映画「おはぎ」が2001年パルムドール賞受賞。帰国。経営アドバイザリーファーム、岸・アンド・アソシエーツ株式会社を経て、独立、脚本、物語、映像制作、経営戦略を独自に研究。2004年、株式会社Good Peopleを設立。京都在住。

​著書「サリンとおはぎ」「プロアクティブ学習革命」「次世代に送る社会原理序説」「地下鉄サリン事件20年 被害者の僕が話を聞きます」「小さくても勝てます」など。​​​

 

​早稲田大学MNC特別研究所I員、放送芸術専門学校講師を経て、現在は、明治大学サービス創新研究所客員研究員としても活動している。早稲田大学法学部特別招聘講師「ジャンケンのいらない意思決定」を英語で授業する。

2015年   ドキュメンタリー「AGANAI」撮影開始。

2018年  「AGANAI」は香港アジア国際映画祭

      Hong Kong Asia Financing ForumでWIP LabでG2Dポストプロダクション賞を受賞

2019年    Forbes Japanオフィシャルコラムニスト就任。

トリシャ・ソレルズ・ドイル  TV、北米担当 ディレクター

エミー賞受賞ジャーナリスト、プロデューサー、コロンビア大学ロースクール卒業後、全米TVネットワークABCNewsで、Nightline、20/20等に携わった後、CBS 60 Minutesにアソシエートプロデューサーとして参加。バイオテロからビクラム・ヨガまで幅広く担当。 最近では、ABCのビヨンセの特番をフリーのプロデューサーとして担当。Discovery Health のMystery Diagnosisシーズン全てを担当。連続殺人犯から熱狂的な車好きまで幅広くカバーした経験がある。

​​ドイル女史とクラウディア・キスト女史の運営しているアッパーウエストメディアと全面的に提携している。

 

また、様々な企業、非営利団体のWebやSocial Mediaのキャンペーンを担当し、夫と息子とともにコネチカット州在住で、仕事ではニューヨークと行き来している。​

日本に留学経験がある、貴重なアメリカメディアの中心にいる知日派である。

​塩谷 昌史博士​  ロシア関連ビジネスアドバイザー

東北大学 東北アジア研究センター  ロシア・シベリア研究分野・助教
1999年大阪市立大学 大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学

1999年東北大学助手 東北アジア研究センター

2007年東北大学東北アジア研究センター 助教(職階名変更による)

2019年大阪市立大学経済学部准教授

スティーブン・リー中国ビジネス/貿易担当アドバイザー

 

1990年ミシガン州立大学卒業 

199​3年滋賀大学経済学部経済学部卒業

伊藤忠商事香港支社を経て、独立。

材木専門商社CEOを歴任。

現在はTHE INTERNATIONAL PARLIAMENT FOR SAFETY AND PEACE​の顧問も務める。

​香港在住。

筒井潔 知財分野アドバイザー

 

慶応義塾大学理工学部卒、慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。財団法人電子文化研究所(創設者:松下幸之助)技術顧問、合同会社創光技術事務所(技術コンサルティングファーム)代表社員、東北大学附属金属材料研究所のリサーチアドミニストレータ、海野世界戦略研究所(シンクアンドドゥタンク)代表取締役会長などを務める。現在、パテントバンク株式会社代表取締役として、知財流通事業に従事。訳書に「電子液体:電子強相関系の物理と応用」(シュプリンガー東京、1995)、共著書に「消滅してたまるか:品格ある革新的持続へ」(文藝春秋、2015)がある。

ブラッド・ゴードン 顧問弁護士

 

ハーバード大学ロー・スクール卒業、米系大手法律事務所Linklatersを経て、現在、Edenbridge Asia の代表パートナー。現在、プノンペン在住。