物語によるプロデュースの受注に関して

たまに「小さくても勝てます」のように書いて欲しいという人がおみえにになります。そのような場合はブランディングを意識したストーリーです。地方活性化、企業広報用に執筆します。

役仁立三の世界観も使えます。​経営理論の色を出さずに人情ものにするのが基本だろうと思います。

続編「役仁立三とイワシ男」をWebで書いています。参考にご確認ください。

出版原稿の場合費用は原稿料+出版印税

リサーチから執筆まで時間を取れたとして一冊本を書くのに半年ぐらいはかかります。取材が必要な場合、取材費用は実費負担をお願いいたします。

原稿料は大凡、雑誌連載の原稿料で、本一冊、大体350枚で書きます。

​原稿料は大体、雑誌原稿の相場でケース・バイ・ケースです。

依頼主からすると連載の代わりに書きおろしを発注するのと同じです。

小説形式ではないスタイルの文章も書きます。経営や経済の理解に基づいた文章を得意にしています。

​適切な出版社を探し出版のアレンジ致します。どのようなカタチの出版になるかは企画と出版社次第、またタイアップのPRとして雑誌などに枠を確保することもできます。(費用別途かかります)本を世に出す依頼主の努力も必要になります。

​​ご興味のある方はこちらに御連絡ください。